home

〒413-0002静岡県熱海市伊豆山302
その他全国いろいろなところ
坂爪圭吾 KeigoSakatsume
TEL 07055527106(受信専用) LINE ibaya
MAIL keigosakatsume@gmail.com

わたり食堂

誰でも0円で食事やお菓子や飲み物を楽しむことができる、フリーミールの飲食店です。

home

わたり食堂の仕組み

System of Watari Shokudo 0

開催場所:静岡県熱海市伊豆山302
開催日時:いばや通信、フェイスブック、ツイッターでお知らせします。
参考にしている考え方は「サービスを受ける側(料理を食べる側)がお金を払ってしまうと循環が起こらない。それならば、サービスを受ける側は永遠に無料で、サービスを与える側が『自腹を切ってでも与える側にまわれる環境(お金を払ってでもやりたい仕事)』があったらどうなるのだろう??」というものになります。興味のある方は、どなたでも気軽に遊びにいらしてください。
お越しいただく時間帯によっては品切れになる(ご提供することが出来ない)可能性もありますが、ご了承いただければ幸いです。

System of Watari Shokudo 1

わたり食堂までの道のりは、軽い登山道(修験道でお馴染みの伊豆山)になります。歩きやすい服装でお越しください。途中、20分ほど歩いた地点で地上とは明らかに空気が変わるポイントがありますので、こちらも一緒にお楽しみください。
わたり食堂から徒歩五分の場所に、走り湯という名前の「海に向かって湧き出す温泉」があります。また、わたり食堂から徒歩7分程度の場所には伊豆山神社もあるので、散歩には最適です。心のままにご堪能ください!

System of Watari Shokudo 2

わたり食堂付近には駐車場がありません。お車でお越しの方は、お手数ではありますが熱海駅界隈の有料駐車場に停めていただき、是非、伊豆山の修験道を突破してきてください。道がわからなくなった場合などは、遠慮なく、いつでもお気軽に坂爪圭吾までご連絡ください。
品川駅から熱海駅までは、新幹線で片道40分、快速アクティーで片道90分程度です。また、東京方面から新幹線で熱海駅にお越しになられる場合は、お二人様以上の場合に限り、往復5450円の割引きチケットもありますので、ご活用ください。
http://railway.jr-central.co.jp/tickets/shinkansen-odekake/

System of Watari Shokudo 3

わたり食堂には、電子レンジがありません。わたり食堂での料理をご希望される方は、お手間ではありますが、事前に「必要な調理器具の確認」をしていただけると、調理もスムーズに進むかと思われます。わたり食堂に置かれているものは、玄米、野菜、果物、調味料、その他食器類など、何を使っていただいても構いません。
主催者側(提供者側)としての参加をご希望される方は、坂爪圭吾までお気軽にご連絡ください。

home

わたり文庫

無理やりにでも誰かに読ませたい本を全国各地から送っていただき、それを次のひとに無償でどんどん回し続けていく循環型の図書館です。

わたり文庫の仕組み

  • Step 0


    無理やりにでも誰かに読ませたい本を結集して、
    それを次の人に回し続ける、というのが
    循環型図書館「わたり文庫」のコンセプトです。

    伊豆山まで足を運べるひとには、
    自宅に並んだ本棚から好きなものを選んで
    読み終わったら次のひとにまわしてもらいます。

    活動拠点
    静岡県熱海市伊豆山302
    わたり文庫・第1号

  • わたり文庫カード

    わたり文庫にはカードが付いています。
    カードは下のリンクから自由に
    ダウンロードしてお使いただけます。
    使い方説明はComing soon!

    watari_logo

  • Step 1


    遠方にお住まいの方にはいばや通信にて
    おすすめ本を発表しています。
    読んでみたい本がありましたら
    坂爪までご連絡ください。

    申し込みの段階では住所などはご不要です。
    すべてのメールに返信は出来ませんことを
    ご了承ください。

     

  • Step 2


    厳選なる抽選の上、当選された方に
    返信をさせていただきます。
    その際に郵送先ご住所を伺います。

    本の行き先は、おすすめ本発表記事の
    末尾にてお知らせします。

  • 出張!わたり文庫


    ご参加いただける皆様におすすめの一冊を
    持って来ていただき、それをその場で
    「他のひとが持ってきたおすすめの本」と
    交換したり、本談義に花を咲かせたり、
    (咲かせなかったり)しましょう!!

    開催日時
    いばや通信、フェイスブック、ツイッターで
    お知らせします。


    参加費:無料

  • これからの展開


    このような循環型の図書館を、全国各地に
    ひとつずつ作って互いに連携を取り合って
    いけたら素敵だなあなどと妄想しております。

    無理やりにでも誰かに読ませた本を集める場所、
    それを通じて、ひととひとが交流するきっかけの
    場所が増えたらいいなと思っています。

    ご関心のある方はご連絡をください。

home

坂爪 圭吾  Keigo Sakatsume

LINE ibaya (KeigoSakatsume)

2014年から家のない生活を始めブログ「いばや通信」でその生活の模様や思うところを綴る。2015年暮れに熱海伊豆山での生活がはじまり、2016年1月より「わたり食堂」と「わたり文庫」をスタートさせる。


昔から「無料で食事が出来る場所や、無料で宿泊できる場所が世界に増えたら、生きることのハードルはもっと下がるはずだ」というような思いがあった。そして、これからは諸々のシステムが『交換型から循環型』へと、徐々に移行していくようにも感じている。

「自分に出来ること」から。
大事なことは、自分には出来ないことではなく『自分にも出来ること』だ。これだけの恩恵を受けて生きている中、自分も、何かしらの形で何かしらの力になりたいと思う。いまの自分に出来ること、それは、わたり文庫(循環型図書館)やわたり食堂(循環型飲食店)を続けること、自宅を無料で開放し続ける(全開放する)こと、そして、全開放を通じて生まれる何かを形にすること、ブログ記事を更新すること、厳しい場合もあるけれど「北風よりも太陽になる(厳罰的ではなく寛容的な態度を心掛ける)」こと、その程度のことしかいまはまだ思い浮かばない。

 2016年1月19日(火)から、伊豆山の家は完全に無料で開放します。※『みんなの財布』という、奇跡のシステム(?)もご用意しております。私が直接対応出来る時もあれば、各種作業で何かに取り組んでいたり席を外している場合もあるのですが、家にあるものは何を食べてもいいし、何を読んでも、何を使っても、何もしないで横になっているだけでもいいので、興味のある方は気軽に遊びにいらしてください(事前にご連絡をいただけると助かります)。
home
※『みんなの財布』
我が家に「みんなの財布」なるものを設置した。この財布は、玄関の入り口にこれみよがしに掲げられていて、この財布の中には、坂爪圭吾の基本的な所持金のすべてがはいっている。誰が使ってもいいし、食料品や日用品などで足りないものがあれば、ここにある金を使えばいい。また、何かしら金に困っているひとがいたら、ここから(別に大金ははいっていないけれど)こっそり持っていけばいい。許可はいらない。自由に、好き勝手に使ってもらえたらと思っている。

Contact

Schedule

Access


〒413-0002 静岡県熱海市伊豆山302


(070)55527106 (受信専用)


keigosakatsume@gmail.com


FOLLOW ME ON FACEBOOK


FOLLOW ME ON TWITTER


LINE ibaya (KeigoSakatsume)

  • home
  • home
  • home
  • home
  • home